山尾農園 YAMAO FARM 鳥取県鳥取市の西に位置する、貝殻節で有名な気高町でお米(コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ・もち米・酒米・古代米)を中心に大豆・大麦・ハト麦・菊(観賞菊)などを栽培している農家です。そんな山尾農園の日常や周辺の自然・動植物など盛りだくさんでお届けします。

tittle_2012_2.gif 1周

2011.04.11 Monday
就農して1年が経過しました。
つまりようやく1才。息子よりも年下です(笑)

就農してたしか最初にした稲の苗箱の土入れ作業。
まだ、何をどうしていいのか言われるがままあの頃。

あの時入れた土に種を蒔き、育苗して田んぼに植え、
育て、刈り取り、乾燥、脱穀、精米、出荷・販売。

こうしてみるとたくさんのことをやってきたなぁ〜。
米だけをやっているわけではないので
他の作物も合わせるとかなり多くの事をやってきた。

だから、こうしてまた土を入れる作業は
ある意味新鮮で1年前とは見方も変わる。

この後の作業の為に今は何に気をつけないといけないか。
どれくらいのペースでどういう事をどういうふうにやればいいか。
いろんな事がイメージできるようになりました。

本日の後半は1人で作業をしていた。
1年前ならなかったこと。
でも、今ではそれが普通。

去年はただ吸収するだけだったけど
今年はもう少しクリエイティブなことができるかも。

とは言え、明日も新しいことずくめの一日の予定。
先週納品された期待の新戦力が登場予定。
さらに鉄コーティングした種籾をとりに行きます。
そしてさらに今年初挑戦の物ももらってきます。

結局、毎年がはじめましてで、
吸収することは盛りだくさんで、
それらに終わりはないということ。

明日は晴れるらしいし、がんばるぞ〜

tittle_2012_2.gif 近所付き合い

2011.03.25 Friday
無縁社会と言われていますが、
ウチのような田舎の田舎みたいなところでは
ましてや農業をしていればなおさら
そんな言葉は無縁です。

近所付き合い、本音を言えば良いことばかりではありません。
もちろん良いこともたくさんありますよ。というか社会の基本だと思います。
この天災の多い昨今特に重要視しなければならないのは
そういうところだと思うのですが…

何でこれを書いたかというと最近すごく思わされるから。
天災もその一つなんですが実際にウチも
すごく助けられてるんです。近所の人たちに。

ビニールハウスがつぶれてからというもの
この一カ月くらいはハウスまわりにいることも多かったのですが
ハウスを片づけていると近所のAさんがパイプを抜くための道具を
かしてやると言ってもってきてくれました。
粋ですね。貸して使い終わったらそのままくれるということでした。
大事に使わせてもらいました。

そして、近所のBさんは僕がパイプをのしているのを見て
パイプの角度を変える“ベンダー”を貸してくれました。

また、近所のCさんは古いハウスの金具と
曲がったパイプをあげたらお肉になって帰ってきました。

これはビニールハウスだけの話ですが
こんなことが毎日のようにおこっています。
どれも見返りを期待しているわけではなく
ただ、もちづもたれづの関係です。
こんな田舎が僕は誇らしいです!

tittle_2012_2.gif 今、僕にできること

2011.03.14 Monday
東北地方太平洋沖地震に被災された方々
また長野県を震源とする地震に被災された方々
そしてその関係者の皆様
心よりお見舞い申し上げます。

この数日とてもブログを書く気になれませんでした。
同じ日本とは思えない連日の報道。
そんな中、僕は普通に生活していていいんだろうか?
そんな疑問すらいだいていました。
もしかすると同じ気持ちの方もいるのでは?

cafe-neeさんのブログにそんな気持を見透かしたような
記事がありましたので一部抜粋させていただきました。

私にできること。とは

二晩明けた今もニュースは被災地の悲惨な姿を映し出しています
もちろん現状を知ることは大切

でもきっと実はもっと
伝えなきゃいけないことがあるはずなんです
被害に遭わなかった私が
心を痛めてうずくまっているのは違う。

ちゃんと働いて、物を買って、ご飯を作り、
それを食べて、眠り、普段通りに
今日も、明日もちゃんと生きて、社会の一つの波になる。
その上での支援なのだ、と。

社会が止まっちゃ、支援も何もない。ですものね。



大げさかもしれませんが、普通に生きていいんだと思えました。

今日も雪で倒壊したハウスの再建作業をしました。
今思えば山陰の大雪なんてたかがしれてたと思います。

テレビで流れる津波にのまれていく田畑、ビニールハウスの映像
農家の人は生活が普通のレベルまで回復したとしても
田畑はガレキにうもれ、ようやくとりのぞいても
海水の影響で塩を多く含み再生するにはさらに時間がかかります。
同じ農家として非常に胸が痛いです。

でも、だからこそ僕らは頑張らないといけない。
津波など被災された地域ではおそらく作物を作ることが困難だと思います。
現に避難所ではお米(食糧)も不足し始めているらしいです。

大げさかもしれませんが
今は準備をし、春になれば種をまき、未来につなげること。
それが今、僕にできることなのだと思います。


tittle_2012_2.gif JA鳥取いなば農機展示会へ

2011.03.06 Sunday
何度か参加した展示会…
さすがに慣れてきました。
地域レベルの展示会になるとテンションの上がるクラスのものではなく
規模の小さな農家(兼業農家)やお年寄り、下手したら家庭菜園向けの
商品が多いです。まぁ仕方ないですが…
メーカー主催の展示会になるとさすがに上がります♪
まぁ気合いの入り方も違えば規模も違います。

そんな中、今日はお買い物をしました。
僕ではなく父ですが。実際は僕が使う事が多いでしょう。
ずっと欲しかったアイツを購入してしまいました。
大規模な農家ではすでに当たり前なんですが…
ウチもようやく…何かというのは来てからのお楽しみ♪
これで今年の大きな買い物は終わりだそうです。
まぁ仕方ない。アイツもそれなりの値段するんで…
かなりの戦力アップになるはず!

それにしてもKメーカーのお偉いさんに会えば
高校のころより大きくなったんじゃない!?と言われ
まぁ高校のこよりは…ハッハッハ…
と苦笑いし、
アイツの購入のおかげでつなぎがもらえるかも?
ということでサイズは?とKメーカーの担当者さんに聞かれ
LLと答えたらJA農機の担当者さんに3Lじゃなくて!?と言われ
LLですよ…ハッハッハ…
と苦笑い。

ん…

真剣にダイエットしないとダメかな…

tittle_2012_2.gif No Fashion (農ファッション)

2011.03.04 Friday
誰か農業をされている方で
最高のコーディネートを教えて下さい。

仕事をしている以上まず機能性という面は外せません。
でもやっぱりカッコイイ方がいいじゃないですか。
今のところ機能とデザインを両立しているものが見当たりません…

十勝リアルウェアプロジェクトという企画が北海道の十勝を中心に
動いていますが実際に販売に至るのは先になりそうな予感…
鳥取でもそんな動きがあるとすごく面白いんですが。

こんな事を書くのも今着ているヤッケが大外れだったから。
ヤッケとはウインドブレーカーやレインコートを
もっと簡素化したようなものです。
薄くて水もそれなりにはじいてくれて風を直接うけない、
それでいて薄くて動きやすいという感じ。
ただ簡素化という表現を用いたのもそうなんですが
間違ってもオシャレには見えません。機能ONLY!

ですが先にも言ったように今回のは大外れ。
開けた時から糸はほつれまくり…
作業中しゃがんだらオケツがビリビリ…
走るとバリバリ…

確かに僕はバレーをしていたというより
野球をしていたような筋肉の付きかただけど早くないかい!?
お客さんが来たら後ろは見せられません!

そんなことで今日また買ったのですが種類もなく
また同じものの大きなサイズにしました。
とび職の方みたいな感じになりそう…
とび職の方のズボンがダボダボなのはしゃがみ
やすいようにという事らしいです。
ということは大きなサイズはあながち悪くない
と思って買ってみました。

ほんとはもうちょっとデザイン的にも
機能的にも良いものがあると良いのですが…
自分で作るわけにもならず…

良い情報があればご連絡下さい(笑)

tittle_2012_2.gif 3月

2011.03.03 Thursday
入ってたんですね。
ここ数日は毎日のように何かあり
久しぶりに時間に追いまわされている気がします。

3月に入ったというのに早速雪ですか。
昨日も書いたようにハウスが倒壊しないことを祈るのみ。
3月なんだかんだで忙しいです。
なぜかプライベートまで忙しいありさま…

農業的にはほうれん草を終わらせるのがまず最初になりそうです。
追いこみをかけていますがまだ収穫できます。
あとはハウスの倒壊との兼ね合い…
それが終わって晴れていれば今のハウスを解体して再構築にとりかかります。
晴が続けば田んぼにもまた入りたいし…
雨の場合は今年度の苗箱を作りはじめます。
いよいよという感じですが今年は去年より面積が増えた為
苗箱の量もアップです…腰を壊さないように気をつけないと。
これらと並行して菊を挿し芽をしたりとざっくりでも盛りだくさん!

そんな中、本日午後からは稲の直接播種に関する研修に参加しました。
鳥取ではやはりまだ技術は確立できてない感じでした。
県外では導入事例が増えているということなんで
何かしら違いがあるのでしょう…
いろいろと情報は頂いたのでウチなりにやり方が
見つけ出せればというところ。

バタバタしてる3月だけどブログもしっかり更新できる
心のゆとりは維持したいところです…

tittle_2012_2.gif 商品の価値って何?

2011.03.02 Wednesday
ようやく落ち着きをとりもどしつつあります。
ここ数日は間近に迫った結婚式の余興で
ミーティングと撮影に追われていました。
ようやく撮影も終わり次は編集…またひと波乱ですが
とりあえず今日は何も考えないようにしてます(笑)

ほうれん草もだいぶ終盤に入りつつあります。
ここ2日程は終日ほうれん草の収穫に追われています。
でも今日の雪で強制終了になるのかな…
ビニールハウスが完全にペシャンコになる恐れがあるので。

出荷している直売所にも異変が。
出し始めたころと今では出荷する人の顔ぶれが変わってきているという点、
価格が下がったという点です。価格は全国的にも一時よりはおちつつあります。
価格は下げたものの連日ほぼ完売の毎日。
本当にありがたいことです。感謝感謝。

でも、疑問点が一つ。
A品とB品があるとします。

大きさ:B品の方が大きい
価 格:B品の方が安い
内容量:同じ
鮮 度:同じ
出荷数:A品の方が多い
頻 度:A品 毎日・B品 たまに

以上の条件の場合B品の方が有利(売れる)と思っていました。
結果はA品の方が完売でB品は残っていました。
比較する要素はこれ以外にあるのかもしれませんが
損得勘定ではこんなところがポイントにあるんじゃないかと思います。
でも損得勘定ではない何かがあるんでしょう。
それが何かわかれば苦労しないんですが…
でもそういうのがある市場っていうのは
すごく人間くさくてって好きです。
人間くさいもの作り大切にしていきたいです。

tittle_2012_2.gif 米粉&ほうれん草入りパスタ

2011.02.25 Friday
2011022518080000.jpg

こんな仕上がりです。
実はパスタマシーンを導入して初めてのパスタ作り。
幅や厚さに関しては全く手探りです。
最初に作ったものはめちゃくちゃ薄くて細かったり…

米粉を使い始めてからの課題がなかなか克服できません。
今回は気分転換に只今出荷真っ最中のほうれん草を投入。
すっごい緑色のパスタとなりました。
写真以上に実際のパスタはもっと緑です!
夏の草木の葉っぱくらい緑。

ソースは市販の物を使用してます。
米粉パスタはまだまだ完成しそうにありません…

tittle_2012_2.gif 温暖化に関する研修会へ参加する

2011.02.24 Thursday
まるで学者みたいですね。
温暖化といってもお米に関した研修会で
正しくは温暖化というより高温化についての研修会でした。

農家が研修というと若干飲み会みたいなニュアンスですが
これはマジ研修会です。研修会後の懇親会等という飲み会もなし。
ということで農家がそんな研修会に来ないだろと思っていました。
会場入りする前までのイメージはそんな感じ。

ウチはちゃんと将来のこと見据えてるんで通知が
あった時点でそく参加を決定しましたよ!(笑)

会場入りしてみると多くの人…
あいてる席がチラホラ…座れたと思っていたら
あっという間にほぼ満席。

発表では200人くらい入ったそうです。
異例中の異例な事態。

もちろん多いのはJA、普及員、学生など実際の農家の方は
少ないように見えました。あと意外なのはお年寄りが多い。
そりゃ就農人口の割合からすれば当たり前と言えばそうですが
今後のことを見据えれば早めに対応方法などは
勉強・検討するべきだと思います。

農業は天候に左右される現実は否めませんが
天候に左右されない技術というのも身につけるべきだと思います。
少なくとも知識は持つべきではないでしょうか?

天気悪かったんで…というのは簡単ですが
それでも一定のクオリティを保てっている。
それが信頼される農家の条件の一つだと思います。

信頼される農家であるために日々勉強、頑張ります!

tittle_2012_2.gif 我が家の節分

2011.02.03 Thursday
近年の我が家の節分は恵方巻きが出てきます。
昨年は買った物と頂いた物の2種類。
今年は我が家で作りました。
2011020320280000.jpg
まぁ見ての通りスタンダードなものと
豚肉とカイワレ大根巻き。

そして各出入り口には
2011020320270000.jpg
おまじないです。
鬼がキライらしいです。
ちなみにヒイラギに魚の頭がさしてあります。

そしてマメも食いました。
歳の数以上に食いました。
毎年おなかいっぱいになる節分です。

ちなみに息子は鬼のお面をかぶると
ニヤニヤしていました…怖い物知らずです。


tittle_2012_2.gif 生産者

seisansha2.jpg
農園代表 山尾邦彦(左)
日記担当 山尾武彦(右)

tittle_2012_2.gif archives

tittle_2012_2.gif search this site.

tittle_2012_2.gif お問い合わせ