山尾農園 YAMAO FARM 鳥取県鳥取市の西に位置する、貝殻節で有名な気高町でお米(コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ・もち米・酒米・古代米)を中心に大豆・大麦・ハト麦・菊(観賞菊)などを栽培している農家です。そんな山尾農園の日常や周辺の自然・動植物など盛りだくさんでお届けします。

tittle_2012_2.gif 種もみを混ぜる

2011.04.26 Tuesday
2011042618510000.jpg
温湯処理したのちやってきた種もみたちを
種まきから逆算して水につけておきます。
この水の中ですでに籾たちは成長を始めているんです。

温湯処理とは種もみを60度のお湯に一定時間入れることにより
消毒の効果を得られると同時に休眠打破ができるんです。
休眠打破、要するに種もみを起こすわけです。

こうして水につけるのも
ただつけるだけではなく
やはりひと手間かけます。

2011042618510001.jpg

毎日、1回は水中で種もみを混ぜてあげること。

混ぜてあげると、日中温まった水が種もみの中ら出てくる冷たい水で、
1タンク混ぜ終わるころにはキンキンになってしまいます。

しかし、こうすることで全て種もみの温度が一定に近くなり
生育にバラつきが少なくなり安定した育苗に一歩近づきます。
最もこれも先人の知恵。何気ないことですがのちのち響きます…

「安定」農業にとっていろんな意味で難しい課題ですが
できることをしっかりして、少しでも「安定」したもの作りを心がけています。

tittle_2012_2.gif 畦塗り(あぜぬり)

2011.04.13 Wednesday
本日も写真なしで申し訳…
昨日・今日の夕方くらいまでツインモアーで草刈りし
帰ってツインモアー→畦塗り機に作業機を付け替え早速田んぼへ。
実は畦塗りは始めて…連日指導を受けてからの作業が続きます。

畦(あぜ)
とは田んぼの周りです。
言葉では分かりにくいかもしれませんが…
田んぼの周りは20センチくらいでしょうか?
若干高いはずです。そこが畦です。

畦塗り
畦はいろいろな理由で壊れていきます。
雨だったり人が通ったりモグラやヘビなどの穴などなど…
穴はもちろん崩れていっても水の管理がしにくくなります。
また、草刈りや管理で歩くのも歩きにくくなるので
畦を作り直す作業をします。これが畦塗りです。
畦塗の塗りは作業工程が土を畦に塗っていくからです。

昨年はなぜか穴が多かったらしく
来年(今年)はやるぞ!と決まっていました。

実際の作業は昨日のモアー同様に慣れが必要…
今日の作業したところは恥ずかしい感じの
仕上がりになってます(泣)

慣れならとにかくやるしかない!
ということで明日からも畦塗りがんばります!

tittle_2012_2.gif 有機質肥料の散布とすき込み

2011.04.05 Tuesday
作る品種によって違う物を使っていますが
油粕にくず大豆、米糠などを散布しました。
同時にそれらをすき込み。
明日もすき込みます。

特別栽培と言えばそうなります。
販売する際に特に言ってませんがこんなことしてます。
目的は作る品種によって違いますし、
それによって与えるものも変わります。

ただ今年初登場の米糠はどうなるか見ものです。
有機栽培でよく用いられる米糠ですが
米糠だけでなんとかなればみんなやっているわけで…
いろいろな情報を集めて今年は試験的な導入です。

別に有機栽培をして付加価値を…とかも考えていません。
ただ、そこから一つでも可能性を見いだせたらいいなと思っています。
食べる側にも作る側にもプラスな栽培方法の可能性。
良い結果が出るといいんですが…
これも今年の挑戦の一つです!

tittle_2012_2.gif 鉄コーティング

2011.04.04 Monday
今年、初めて挑戦しようとしているのが
クボタの売りだしている鉄コーティングによる直播技術。

簡単に言えば従来だと種もみを苗箱なんかにいれて苗にして
田植え機で苗を田んぼに植え付けるところ
この技術は種もみを鉄粉でコーティングして
それを田んぼに直接まくということです。
数年前に出始めたんですが詳しくはクボタのホームページを見て下さい。

苗作りって結構重たい課題なんです。
何せ労力がかかる。そして春は田んぼの準備も
並行して行うので作業が込み合う。
そこで育苗をカットしよう!
って感じです。まだしてませんが情報によると
そんな簡単なものではないらしい…

結局は何かしら変えれば別の何かも変わるということ。
問題はバランスだと思っています。全体のバランスをとる為の技術。
うだうだ考えてばかりでは先に進まないのでとりあえず今年
田んぼ一枚使って試験です!また追って報告していきます♪

↓鉄粉で種もみをコーティングしている様子
2011033118040000.jpg

tittle_2012_2.gif ビニールハウス完成

2011.04.01 Friday
ウソじゃないです!(笑)
ホラ!
2011033118040001.jpg

あっ…これ昨日のです(笑)
これが今日は…

2011040120460000.jpg

ジャーン♪
細かい部分はおいおいなんでとりあえず完成です!
ビニールが白いのは水蒸気のせいです。
日中暑かったので夕方締め切ると水蒸気で真っ白になります。
日中全開の時は反対がみえるくらい透明なビニールでした。
やっぱり新品はステキだ♪

2011040120460001.jpg

後ろの扉を中から撮影しました。
うん。良い感じです!

とりあえずこれで一安心。
稲の育苗にバッチリ間に合いました♪
明日からは田んぼの方に作業の中心を移します!

tittle_2012_2.gif ビニールハウス再建 明日はいよいよビニールかけます!

2011.03.31 Thursday
2011033118040002.jpg

本日届いたばかりのツマソーをとりつけました。
(真ん中の四角の骨組みのやつ)
今までは小さく加工していましたが今回はそのままとりつけることに。
ビニールハウスも日々進化しているようで今までとは違った
プラスの効果がでました。
これは換気に期待できます。

2011033118040001.jpg

昨日は梁(ハリ)を取り付けました。
本当はもう少ししたいこともあるんですが
晴れの日の少ない山陰で珍しく晴マークが続き
田んぼの作業も始めたいということもあり
骨組みに関してはひとまず終了として
明日いよいよビニールをかぶせます!

ビニールをかぶせスプリングで止めて
バンドをかければひとまず完成を迎えます。

長かった再建もようやく終わりが見えてきました。

tittle_2012_2.gif ビニールハウス再建 扉、登場

2011.03.27 Sunday
2011032720370001.jpg

ついに扉がつきました。まだ片方だけですが…
扉の上には換気用のツマソーという窓みたいなものがつく予定です。
まだ部品が届いてなかったのでとりあえずここでストップ。
骨組みはだいぶできつつあります。
とはいってもなんだかんだでまだかかりそうですが…

2011032720370000.jpg

まだ工事中の部分。
扉近辺は親父が担当。
僕はというと曲がったパイプを伸ばして
ビニールを止めるバンドを縛る為のパイプを
ビニールハウスの両脇に這わせていました。
えぇ地味な作業です。
おかげで曲がったパイプ伸ばすのかなり早くなりました(笑)

tittle_2012_2.gif ビニールハウス再建 曲がったパイプを伸ばして…

2011.03.23 Wednesday
2011032319590000.jpg

気持ちの良い晴天です!
昨日の作業はビニールを止める金具
ビニペットを両側計4通りつけました。

2011032320000000.jpg

本日の作業は少しわかりにくい部分です。
直管とビニペットを両端の曲管に金具で接続する。
まぁこれは親父の作業。

僕は写真の端に写っている曲がった管をまっすぐにのばして
ビニールハウスの沈み止めを作るという作業。
曲がった管がすぐにのびるかと言えばもちろんそんなこともなく
今日の作業で50m分を2本といったところ。
これが早いか遅いかは僕にもわかりませんが
初めてでは早いらしいです。(親父談)

▼この管の真ん中から右側の管を
近くにある鉄柱を使いのばします。
もちろん1本1本手作業
2011032320000001.jpg

そして出来上がったのが
2011032320010000.jpg

わかりにくいですが縦のパイプが曲管で
そのすぐ下のさびてないのが今日のばしたものです。
先の方が曲がって見えますが実際にキレイにおけばまっすぐです。

雪の曲がったパイプもこうやって使える物は再利用。
コストも抑えられて地球にも優しいです(笑)

tittle_2012_2.gif ビニールハウス再建 昨日をダイジェストで

2011.03.22 Tuesday
奥の方から曲管を建てていきます。

2011032221370000.jpg

2011032221370001.jpg

曲管を建て終わりました。
次は直管を金具をつかって曲管につけていきます。

2011032221370002.jpg

2011032221380000.jpg

直管をつけ終わりました。
ここまでが昨日までの作業。

フリージアの出荷がピークだったことや
結婚式や彼岸のお墓参りなどのイベント。
雨の日なんかもあったりして作業スピードがあがりませんでした。
でもだいぶビニールハウスの形になってきたでしょ?

少しづつですが進んでます!

tittle_2012_2.gif 大雪で倒壊したビニールハウス解体&再建 6日目

2011.03.10 Thursday
曲管をとりはすじしました。
これで大雑把なところは終わりです。
奥の方はちょっと残っていますが…

2011031020400000.jpg

午後からはこの残りの曲管と
雪で折れたパイプが地中に埋まっていたので
これを全て取り出す作業。

そして新しい直管の準備と
端に当たる部分の曲管だけさして
本日の作業は終了。

2011031020410000.jpg

左にあるのが古いものです。
集めるとかなりの量。

古いパイプを抜くのは普通にやるとかなり手間がかかります。
しかし、偶然通りがかった近所のおじさんにかりた武器を使うと
スルッっとぬけます。もちろん、雨が降ったりしていたので
いろいろな要因もプラスに働いたということはありますが
あの武器はすごい。

しかも、自分で作ったというから驚きです。
特許とれば売れるんじゃない!?と思うくらいです。
地中から10〜20cm出ていれば抜けます!
すごい…すごすぎるぅ〜

ただ、すごい本数なんで体が痛いです…
明日からは再建がんばります!


tittle_2012_2.gif 生産者

seisansha2.jpg
農園代表 山尾邦彦(左)
日記担当 山尾武彦(右)

tittle_2012_2.gif archives

tittle_2012_2.gif search this site.

tittle_2012_2.gif お問い合わせ