山尾農園 YAMAO FARM 鳥取県鳥取市の西に位置する、貝殻節で有名な気高町でお米(コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ・もち米・酒米・古代米)を中心に大豆・大麦・ハト麦・菊(観賞菊)などを栽培している農家です。そんな山尾農園の日常や周辺の自然・動植物など盛りだくさんでお届けします。

tittle_2012_2.gif 2012 稲刈り終了

2012.10.20 Saturday
実に約2ヵ月。8月の終盤から本日まで。
我ながら長い稲刈り…
でも今年は非常に順調でした(笑)

昨年のような大きなトラブル
(色選別がおかしくてメーカー週2くらいで来てた)
もなく無事終わることができました。

しいて言えば昨日の夕方からコンバインが叫び出したこと。
ギィーッって…どこが悪いのか…
まぁ冬中かけて直してもらおう(笑)



今年は豊作らしいです。確かに良かったかな?

というか個人的には豊作だろうが凶作だろうが
毎年できるだけの事をして、できたものはベストであり
それ以上もそれ以下もないと思うのです。

確かに年ナリというものもあります。
今年は表or裏。天候も干ばつ・冷夏…たくさんあります。
それらが自分たちの力で避けて通れないということは
全て受け入れた上でどうだ?だと思うんです。

なので、ウチは毎年最高のものを出しています。
自分たちができたことを全て注ぎ込んだもの。

食べる人が美味いかどうかは判断することだと思います。
あとウチができるのは自信を持って送り出すだけ。

なんて感情的なことを書いてしまった…
こうなると文章力のなさがもろにでます(笑)
まぁたまにはこんなこともあっても良いかと思って。

2012年のお米作り、全てにありがとう。

あっ…籾摺りや出荷はまだあるんです!
大豆刈り・大麦播種・ほうれん草播種…
今年中にやることはまだまだあるんです!

明日からまたネジ巻き直してがんばろう〜!

tittle_2012_2.gif 2012 はと麦刈取り終わり

2012.10.15 Monday
長かった。
長い戦いになってしまった…

はと麦、玄米、月見草〜♪
のはと麦です。写真はネットで探してもらったらと思います。申し訳。

ざっというとこの辺では数珠と言われる雑草に似てます。
よく見れば玉の形が違うんです。
数珠は雫みたいに丸めなのに対してはと麦はシュッとしてます。

使い方としてはお茶やお粥なんかにもなるらしいです。

今年は、はと麦二年目。
昨年の反省を活かしそれなりに結果が残せそうです。

そうそう。なぜ長い戦いになったかというとコンバインの設定ミス…
凡ミス。誰も気づかず…
まさかでした…

まぁ終わって何より!

明日からはまた水稲に復帰です。
酒米の玉栄の籾摺り、それが終わったら山田錦の刈取りと籾摺り。

…まだまだあるなぁ。

がんばろ!

皆さん風邪と凡ミスには気をつけて〜

でわでわ〜

tittle_2012_2.gif 柿の剪定

2012.02.22 Wednesday


晴れてたせいでよほど気分が
乗っていたんでしょう。
親父が柿の剪定をしました。
手前は剪定後。奥は剪定前。
とてもスッキリ!

tittle_2012_2.gif ひとめぼれ刈り取り開始

2011.09.07 Wednesday
2011090720190000.jpg

今年もこの季節がやってきました!
ついに刈り取り。口火を切るのはひとめぼれ。
台風の影響もほぼないに等しかったです。

コンディションも良好。
すごい快晴に湿度も低く何と言っても大安!
そして何より収穫適期!

刈り取り後の籾を見ても去年とは違う。たぶん…
水分もちょうどころ合い。収量は去年同等くらいか…
品質は籾をとって玄米の状態で判断するとしましょう。
でも期待できるんじゃないかな〜

今日は刈り取りが中心でした。
写真のコンバインをメンテナンスしてるのは
親父ですがこの後から交代して刈り取り。

刈り取り二年目…
まだまだひよっこだなぁ…
と痛感。


毎年が初めてだ!
という近所のおじさんのアドバイスを
胸に明日からもがんばります(笑)

そんな感じで今年も
おいしいお米が届けられそうで何よりです!

tittle_2012_2.gif 田面ライダー

2011.07.16 Saturday
2011071506110001.jpg

完全に商品名ですがこれが田面ライダー
を使っている親父。
何をするかというと

2011071506110000.jpg

溝を切っています。
中干しと言って水を一回落とすのですが
その落とした際にこうやって田んぼ全体に
溝を切ってやります。

こうしておくとこれ以降の
水の管理がやりやすくなるんです。

ちなみにこの田面ライダーは
名前の割にデリケートで土のあんばいが悪いと
進まないことも多々…

田面で助けて〜ってな状況にもなりますし
今行くぞ!と思ってもそこまで早くなかったり

まぁ、このネーミングはキライじゃないですが
若干名前負けしてる気もします(笑)

tittle_2012_2.gif 大豆の播種

2011.07.05 Tuesday
進みません。
2日もあればおつりが出るくらいで終われるというのに
2日たってもまだまだ。半日ももたない天気にやられてます。
おまけに昨日の大雨で明日できるかも不透明。

さらには、昨日までに播種した圃場にはかなりの水。
今年は、昨年までやっていなかった現代版のスキ、プラデラに
同時畝立て播種を入れたために排水には期待しています。

それらの効果もあってか水は溝に溜まり
なくなるのも早い方でした。
もしやっていなかったらきっと
水につかってていただろう…

爪の配列を変えるとか
すごく小さなころかもしれないけど
確実に手間でめんどくさいこと。
でも、そういうことが小さな差を
生んでいくんじゃないかなぁ〜と思ってます。

でも、とりあえず早く蒔き切らないと!

tittle_2012_2.gif 今日で田植えも終わり

2011.06.05 Sunday
2011060519310000.jpg

田植えが本日終わりました。
つまり代掻きは昨日。
ウチが作る圃場だけ…

あとは作業受託の分があります。(少々)
なので終わった空気が漂っています♪
本日は僕も田植えをしたのですが今日1日だけ。残りは代掻き。

僕の感覚としては田植えが終わった
というより代掻きが終わったという感じ…
何だかちょっと変な感じ。

でも、田植えも1日だけだけど去年よりも良くできた感じ。
同時に代掻きの課題もやはり植付をすると見えてきます。

また来年の課題になるんですが…

さて、次は麦刈りに大豆・ハト麦の播種。ハト麦は今年が初めて。
とりあえず草刈りや耕運といった準備作業です。
ちょっと充電してから気合いいれてがんばろう!

写真は田植え後の圃場。
水蒸気がモクモク出てました。
水温は高いのに空気は冷たい日におこる現象。

tittle_2012_2.gif 鉄コーティング 直接播種(直種まき)

2011.05.21 Saturday
2011052120540000.jpg

クボタさんがやってくれました。僕らは見てるだけ。
と言っても僕は終盤に見ただけ。
途中まで向かいの田んぼで代掻きをしてました。

鉄コーティングした種籾を点播でまいていきました。
同時に施肥と除草剤も散布。
しかも溝もきるという一気に4つもしながら。
最先端の機械はすごいです。

このデモ機を驚きの価格で…と言われましが
はたしてどちらに驚くのか…
その前に、この結果がどうなるのかがわかってからの話。

リスクもあるけど田んぼに出るまでの作業は
これまでの作業より明らかに楽。

鉄コーティング、省力化・低コストがうたってありますが
正直、本当にそうならみんなもうやってるでしょう。

良いところもあれば悪いところもあるはず。
ちゃんと見極めて自分にあった方を選べば良いんじゃないかと思います。
とりあえずここまではうたい文句の通りです(笑)

まずは発芽までしっかり観察させてもらいます。

tittle_2012_2.gif 代掻き 2011

2011.05.20 Friday
2011052020390000.jpg

昨日、今年始めての代掻きをしました。
オペは親父で1回仕上げ。

ウチの近所あたりでは代掻きは2回が通常です。
というのも水の便が良くないため、
水のもちを良くするように2回するんです。

ただ、この田んぼは水の便が比較的良いというのと
鉄コーティングの圃場のため1回にしたみたいです。
水の出し入れがポイントになるようなので。

明日からは僕も代掻きを始めます。
トラクターのオペレーションでも
難度の高いとされる代掻き。
昨年よりもうまくなっているかちょっと楽しみです。

tittle_2012_2.gif 昨日の今日で…

2011.05.15 Sunday
相変わらずな状態でした(苦笑)
まぁ、近所の人がブログを知らないわかってるけど…
(ほとんど60オーバーの方たちだし…)
近くに来て見学してみたり、
邪魔だと言わんばかりにトラクターの前に来てみたり…

うぅん…困ったもんだ。

確かに、モアーをつけて草刈りしてるのは
農家の中でも少ないかも。
それなりの規模か共同購入がいいところ。
気高町でもおそらく10件あるかないか。

珍しいのはわかけど…本当に危険なんです。
石がものすごい勢いで飛ぶこともあります。
当たったら救急車かもしれません。

やっぱり看板とかいるのかなぁ…
または赤色灯的なものだとか…


tittle_2012_2.gif 生産者

seisansha2.jpg
農園代表 山尾邦彦(左)
日記担当 山尾武彦(右)

tittle_2012_2.gif archives

tittle_2012_2.gif search this site.

tittle_2012_2.gif お問い合わせ