山尾農園 YAMAO FARM 鳥取県鳥取市の西に位置する、貝殻節で有名な気高町でお米(コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ・もち米・酒米・古代米)を中心に大豆・大麦・ハト麦・菊(観賞菊)などを栽培している農家です。そんな山尾農園の日常や周辺の自然・動植物など盛りだくさんでお届けします。

tittle_2012_2.gif 20121013 夕日

2012.10.13 Saturday



tittle_2012_2.gif 何週間ぶりの更新

2011.08.26 Friday
2011082606310000.jpg

お盆の菊を買っていただいてありがとうございました。
おかげさまでお盆も忙しくさせていただきました。

もちろんお墓参りなどはしっかりとしました。
他にも交流会みたいなものも開いたり、
今後の計画を画策してみたり…

おかげでやりたいことが少しづつ見えてきました。
来年でしっかりとそこに近づければと思います。

そうそう、人と話すと何をしようと思っとる?
と聞かれることが多いので先に言っとくと
その質問にお答えすることはありません。
だって、できないと恥ずかしいし…
逃げかもしれないけど。
できてからのお楽しみ的なことで。

あとはブログもしっかり更新しないと。
更新していないのに安定したアベレージがあって申し訳ないので。
いつもご覧頂いてありがとうございます!

tittle_2012_2.gif この数分後

2011.04.30 Saturday
2011042919570000.jpg

雨になりました。
しかも雷・風付き。
そしてまた晴。
変わりやすい天気にもほどがある…

tittle_2012_2.gif 春の天気

2011.04.23 Saturday
2011041918310000.jpg

雨でこいのぼりもおよげません…

よって今日も苗箱に土を入れる。
全体の半分は過ぎただろうなぁ…多分。

田んぼは昨日の畦塗りあとに水がたっぷり。
小さな明渠(メイキョ)みたいになってまいた。

※明渠(メイキョ)
圃場にある給排水の為の水路のことです。
ちなみに暗渠(アンキョ)もありこれは埋めてある水路。
田んぼや畑のしたにあったりします。

天気を見方につけるとは
天気に合わせて仕事が進められると
いうことなのかなぁ
と思わされる今日この頃です。

tittle_2012_2.gif こいのぼり

2011.04.15 Friday
我が家ではこいのぼりを4月の初旬から出しています。
が、小さい頃はいろいろなところでバタバタしていた
こいのぼりが田んぼから見渡す限り、
近所の親戚2件がたてているくらい…

少子高齢化?過疎化?
何だかさみしい気分です。
もう少し子どもいるだろう…
と思うんですが。

手間がかかるとか、
お金がないとかあるらしいですが
そういう問題なのか?と思っちゃいます。

確かに手間はかかるし、
お金はないけども子どものために
やってあげたいじゃないですか。

小学校1年生でまだ学校が大嫌いだったころ
教室の窓から見える景色には屋根瓦がキラキラ反射して
その上を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼり。
あの景色を見てるとほんとに眠くなりました(笑)
そんな景色も今は見えないんだろうなぁ…

お孫さんが市内中心部の方とか
県外の都市部の方でこいのぼりがあげなられない家は
代わりにあげてみるとかどうなんでしょう…
確かに毎日は見られないけど
何かつながってる気にならないのかなぁ…
それがきっかけで週末帰ってくるようになったとか。
そういう前向きな感じでやってみたらどうなんだろ。

たかがこいのぼりかもしれないけど
あるとなんか明るくなる気がするんですが…
人も、集落も、村も、町も。

tittle_2012_2.gif 今の子供たちも水路で遊ぶんだ…

2011.04.06 Wednesday
完全にデジタルな世代だと思っていたのは
単に今の子供たちのことを何も知らないからだった。

耕運をしていると近所の子供たち4人が
農道を(あいて自転車じゃなく)チャリを立ちこぎしていた。
そう、車体を左右に振りながらの爆走。
土埃をあげながら、前のかごには入れ物とタモ(虫とり網)。
そうそう、1人くらいはボールを持ってる子がいて。

自分が子どものころと何も変わっていない光景。
ただ、当時は僕がこの子どもたちだったというだけ。

子どもたちは用水路をさかのぼって行き、
淀みがあるところでチャリをとめてみんなでのぞき込み
1人がタモで何かをとろうとする。

すくいあげたタモをみんなでのぞき込む。
それを何度か繰り返し、どんどん水路をさかのぼって行く。

そして、お昼になるとみんなまたチャリを立ちこぎして
各々の家に帰っていく。

今の子供たちはDSだとかWiiだとか
はたまた携帯なんかで遊んでて
田んぼまわりなんて見向きもしないと思い込んでた。
都会だとそういった可能性は全くないのでそういう意味では
この子たちは貴重な経験ができていると今になるとよく思います。
子どものころは都会にあこがれてましたが…

命の大切さや自然の大切さ、物の大切さなんかは
こういう経験で感じれるようになるのかもしれません。

農業を始めてそういうことに気づけるようになりました。
そういう可能性を少しでも長く残していくことも
農業の重要な役割なのかもしれません。

tittle_2012_2.gif 上げて行こう!

2011.02.16 Wednesday
2011021621040001.jpg
近くの池がこの寒さで凍っていました。
池全体が凍っているというのは
近年見た覚えがありません…

2011021621040000.jpg
霜柱で土が上がってます!
地中の水分が多いのであちらこちらでなってました。

東京の人ってこんな光景も見たことなかったりするのかな?
まぁ3cm雪が積もっただけで大事件な感じなんだから
仕方ないような気もするけど…

倒壊したビニールハウスをまた上げ始めました。
残っていた雪もとりのぞいて
地面にべったりついた部分の数cm上げていってます。
気の遠くなるような作業だけど
結局解体する時も手間のかかる作業になるので
今やっておくのも得策だという判断です。

親父と二人、パイプにゴンゴン頭を
ぶつけながらの作業となっています。
明日はヘルメット登場か!?

tittle_2012_2.gif 雪が降って良いところ

2011.01.07 Friday
 

背高泡立ち草の時の写真ですが
このワサワサしていたものがこの大雪で…

2011010717190000.jpg

ちーん

完全に押しつぶされました♪
もちろん他のアゼ草なんかも全部ペシャンコ!

一見良い感じですが春になるとこれが厄介なことに…
新旧の草が混じって刈りにくくなります。
雪が降る前に草刈りをしておけば完璧だったんですが
残念ながらとてもできず…
春はまた草刈り地獄が待ってそうです。

この雪は全てのものに平等の為一つ気になることが…

それは大豆の刈り取り後にまいた麦。
通常だと芽を出してから雪なんですが
残念ながらまだ芽が出ているかいないかという
タイミングでの雪…はたしてどうなるでしょうか。
心配だぁ〜!

tittle_2012_2.gif 困った時のお地蔵さん頼み

2011.01.05 Wednesday
2010122918250000.jpg

うちの近くのお地蔵さま。
息子はこの前に来ると手お合わせるらしい。
奥さんが教えたということで
初めてみた親父はかなりビックリしていた。
お地蔵さまは子どもを守ってくれるらしいです。

さてまもられなかったハウスの復興に着手しています。
正直、復興するかどうかわかりません。
復興しても前のようにはならずただの突貫工事が良いとこ…

でもとりあえずやってみようと親父と二人で
ばらしたりジャッキアップしたりです。

とりあえず大人ですが
二人けがのないように
復興できますように。

のんのん

tittle_2012_2.gif メリーホワイトクリスマス&虹

2010.12.24 Friday
_MG_3395.JPG

画像は今日のじゃなくてすみません。
つい先日とった虹の写真です。
注目してほしいのは虹の始まりの部分!
田んぼからはえてます!あそこの並びはウチのが独占してる!
間違いなくウチの田んぼから虹が出てる!

完全に興奮して一眼持って走りました。
虹の根元初めてみた♪来年はあの田んぼに期待大です(笑)

さぁ、本日はクリスマス!なんだかんだで白くなりました。
久しぶりのホワイトクリスマスです♪
ウチは特に変化はありません。

ただ、息子には靴を買い、夕食にはローストチキンが出て
食後にはクリスマス使用のケーキを食べたくらいです。
至って日常的でしょ?(笑)

毎年クリスマスが来ると今年もあと6日か…と思います。
年賀状、家族の分は刷ったけど自分のがまだです。
明日からはこの雪や雨で外作業できないから
ビニールハウスの中で作業です。
雪かきするほどの雪は勘弁してほしい…

まぁそんなこんなでいろいろありますが、
1人の人も2人の人も残業してる人もメリークリスマス!


tittle_2012_2.gif 生産者

seisansha2.jpg
農園代表 山尾邦彦(左)
日記担当 山尾武彦(右)

tittle_2012_2.gif archives

tittle_2012_2.gif search this site.

tittle_2012_2.gif お問い合わせ